蜂を駆除する

蜂と人間は同じ空間に、共に生きている限り、必ず接する機会があるものであります。まして近年では、森林伐採が進みさらに鉢たちのすみかを奪う形となっています。こうした中、蜂が私たちの居住地にすみかをつくり、生活を行うことは当たり前のことであると思います。すみかを奪った人間の居住地に蜂のすみかを作ることは、考えを変えますと、共存しているのではと思います。森林伐採によりすみかを奪う代わりに、人間の居住地のスペースを分ける、お互い様ということになると思います。蜂を駆除するということは、人間の一方的な考えなのかもしれません。蜂はこちらから危害を加えない限り、襲っては来ないと思います。知らず知らずの間に、蜂のテリトリーを荒らしている事があるなら襲われても仕方がありませんが。

駆除については、私たちの思いが強く、蜂は襲うものと勝手に思っているだけであり、習性を知っていれば、襲われない対応も出来ますし、別に無理やり駆除する必要がなければ、そのまま放置しておいても良いと思います。しかしながら、さすがに蜂が大量に飛び回るような行動を度々されますと、恐怖心が生まれてきて、回避に向けて対策を組む事は、何かと言いましたが当たり前のことかもしれません。駆除の方法としては、蜂は朝方から新しく住むところを探すために、飛び回っていますので、夕方になりますと、全ての蜂は元の住処へと帰ってきます。ということから、駆除は昼間は活発に行動していますので、駆除は避けて、休んでいる間の夜に駆除するのが最適と考えます。